2017年4月17日月曜日

綺麗なんだけどヤバい奴

F1 Hemichromis lifalili(sp.moanda)
ヘミクロミス リファリリィ(sp.モアンダ)のF1

F1 Hemichromis lifalili(sp.moanda)
また産んでしまいました(^-^;

体格の割に稚魚の数は多い方かな。

今回は↑写真右に写っている小さな土管の床面に産卵しました。

ケーブスポーナーとオープンスポーナーの違いって、天井に産卵するか、それ以外の基質部分に産卵するかの違いだけしか無いと思います(^-^;

F1 Hemichromis lifalili(sp.moanda)
ペアリングすると徐々に体色が鮮やかになり、産卵し稚魚が浮上するとそのピークを迎えます。

今回は産卵数が多かったので、親魚が何処まで赤くなるか見てみたくて見守っていました。

♀(写真左)はこれからもっと明るい鮮やかな赤色になり、♂(写真右)はドス黒い赤色に変化していくものと思います。

F1 Hemichromis lifalili(sp.moanda)
♂の方がやっぱりブルギラが多いかな。

今のところ♂が子育てを積極的にやっているので、何となくですが、ある時豹変して♀をボコボコにすると予想しています・・・。

って言うか、稚魚はもう要らないだろ!違う意味でヤバいだろ!、オレ?

この体色が見たいがためにここまで見守りましたが・・・、今後は我が家の水槽環境との相談になります(笑)


Apistogramma sp. cuiari
ヤバい奴と言えば、

Apistogramma sp. cuiari
sp. クイアリ

Apistogramma sp. cuiari
いや~、産みませんね(>_<)

Apistogramma sp. cuiari
良い雰囲気には見えるんですが、その気配は全く無し(^-^;

Apistogramma sp. cuiari
濃い水が良いのか、それとも新しい水が良いのか、よく分からないので色々試しているせいで水質が安定していないのもあると思いますが・・・。

一般的なアピストだったら産卵してもおかしく無い雰囲気だと思うんですけどね。

Apistogramma sp. cuiari
ん~、よく分からないアピストだ(^-^;


Apistogramma sp. unibrow
そして、sp. ユニブラウ

Apistogramma sp. unibrow
採集場所は、リオ・ヴァウペスだそうです。

Apistogramma sp. unibrow
cf. ペルソナータもリオ・ヴァウペスですね!

Apistogramma sp. unibrow
それを聞くと・・・、何となく・・・、成長するにしたがって背びれがグググッと伸びて来そうな気がしませんか?(笑)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

今年も(^O^)



2017年4月12日水曜日

ネグロ川への行き方

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
A. sp. ミウア / イガラッペ・ミウア

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
うぅぅっっ!眩しい!!!

な、何だ、この綺麗なアピストは!

我が家に居てはいけない派手なアピストが来てしまったぁ~

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
し、しかも久しぶりのネグロ川産のアピスト~~~

もう久しぶり過ぎて、ネグロ川への行き方を忘れてしまい迷子になり、そして事故が発生しました(^-^;

当初予約していたアピストと違うのを手にしてしまい、再度ネグロ川に引き返すという失態を演じてしまいました(>_<)

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
まぁ色々ありましたが、取りあえずミウアをまた我が家に迎え入れる事が出来て良かったぁ~(^O^)

3年ぶりですね!

前回は三産地のミウアが到来して、その内Ig.ミウアとIg.ニウアを飼育しましたが、Fが♀に偏り、♂には頬赤が出て来なかったのでモチベーションがダウン。

今回はその時のリベンジです!

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
このアピストはやっぱり3年くらい間隔を空けて来るのが良いね~

最近ではブラジリアンアピストの中でプレミアム感が残っている数少ない一種だと思います。

生息地がインディオ保護区なので毎年入荷してしまう方が問題ですが・・・(^-^;

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
それにしても相変わらず体色の変化が激しい種です。

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
さっきまで真っ白で上品な体色をしていたのに、鏡を少し見せただけでこの変貌ぶり(笑)

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
透明だった尾びれの下地が一気に黒くなります。

あぁ~、やっぱり少し背びれの欠損がありますね・・・。

尾びれはすぐに丸く修復すると思いますが、背びれはどうかな・・・。

伸長すると同時に綺麗に揃ってくれると嬉しいのですが(^-^;

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
♀が今便は総じて小さかった~(>_<)

当て馬は当初♀のサイズに合わせてグッタータやタメのチビちゃんを入れたのですが、♂の相手には全くならず・・・。

周りの水槽を見渡して当て馬要員を探してみると・・・。

居ました、居ました!スリム系で低pH向きで当て馬にうってつけなアピストが(^O^)

sp. ヴァウペスのチビたちを5匹くらい当て馬要員として移動して、ようやく♀が自由に動けるようになりました。

Apistogramma sp. miua / Igarape Miua
頬赤の♀(^O^)

これで頬赤のFが出てこなかったら完全に私の技術不足という事になるな・・・(>_<)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2017年4月6日木曜日

春爛漫

館山
穏やかな陽気と桜満開との情報に誘われて愛犬を連れて外出したものの、考える事は皆同じようで何処も混雑している模様・・・。

ちょっと近場で花見のはずが、アクアラインを通って房総半島の先端まで来てしまいました。

花見よりも食い気な我が家のいつものパターンですが、突然アワビの踊り焼きが食べたくなり・・・(^-^;

館山
満腹になったところで景色が良さそうなところで休憩。

館山
犬たちも人で賑わう桜の下よりも爽やかな風が吹くこんな場所の方が落ち着くようだ。

館山
一本だけ桜の木があって満開の桜が見れて良かった~(笑)


Apistogramma sp. sanjose
さて、sp. サンノゼが予定よりも少し遅くなりましたが無事に浮上しています。

Apistogramma sp. sanjose
一般的なアピストの稚魚と比べてやっぱり体色が少し黄色っぽく見える・・・。

まぁ気のせいかも知れないけど・・・(笑)

黄色と言えば・・・

Apistogramma guttata
A. グッタータ

もうすぐ我が家に来て2年になります。

Apistogramma guttata
流石にデカくなりました!

sp. クイアリと同じくらいと言ったら言い過ぎですが、体高では完全にグッタータが勝っています。

こんなにデカい体なのに私を見るたびに前面に出てきて餌クレダンス。

クイアリも餌クレダンスばかりしてますが(^-^;、可愛い奴らです(笑)

Apistogramma guttata
とても仲が良いペアで、今でも定期的に毎月産卵してます。

でも流石に最近は無精卵ばかりで孵化せずに卵は無くなってしまいます。

以前は卵が無くなると♂が♀に対して怒っていましたが、最近はそんな事がなくなったので、きっと♂自身が老いを実感してるのかな?(^-^;

Apistogramma guttata
時々こんな感じで♀にちょっかいを出しますが、お互い本気では無いと理解しているようで・・・

Apistogramma guttata
すぐにこんな感じに寄り添って泳ぎ始めます(^O^)

まるで我が家のようだ(๑´ڤ`๑)テヘ

しかし、何故かこの水槽だけが藍藻を撲滅出来ません(>_<)

色々手を尽くしてるんですが、そろそろリセットかな・・・


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2017年4月1日土曜日

オオカミ少年

Apistogramma sp. sanjose
本日は4月1日。

では早速今日のネタをブッ込んでいきたいと思いまっす(๑•̀ㅂ•́)و✧

Apistogramma sp. sanjose
A. sp. サンノゼ(San José)が産卵しましたぁ~

さて、この写真を見てお気付きですか?

な、何と卵がピンクではなく黄色です\(◎o◎)/!

Apistogramma sp. sanjose
産卵から3日目。

ほとんどの卵に黒い模様が透けて見えます。

当初は全部無精卵ではないかと心配しましたが、しっかり受精しているようです。

目視では無精卵が1個、中身が無くなってるのが1個確認出来ました。

Apistogramma sp. sanjose
産卵から4日目。

少し心配してましたが、無事に孵化しましたぁ~(^O^)

やはりヨークサックも黄色いぞ。

そして・・・、浮上は明後日くらいの予定(^-^;

Apistogramma sp. sanjose
既に産卵させた方々は卵の色は見なかったのかな・・・?

もしかして我が家のホセ君が変なの・・・?

卵の色は餌に影響されると聞いた事がありますが、我が家ではブラインシュリンプが主食なので通常はピンクからオレンジ色の卵になるはず。

白っぽい卵を産卵する種としては、カンディディやディプロタエニアが知られていますが、カンディディはタエニアカラ属ですし、ディプロもアピストグラマに属していますが本来は違うだろうというのが通説です。

Apistogramma sp. sanjose
ならばホセ君はアピストではないのか・・・?

頬や背びれ前方の模様が独特ですが、条の数とかで判断するとアピストグラマ属で良いのでは?と思います。

しかし、近い将来遺伝子検査等をした際はアピストグラマ属から外れるかもしれませんね。

Apistogramma sp. sanjose
まぁこれはよそ様のホセ君が我が家と同じように黄色い卵を産んだ場合の話ですが・・・(^-^;

皆さんのところのホセ君が産卵した時は卵の色を是非確認してみてください!

そして万が一黄色ではなく、ピンクやオレンジ色の卵を産んだ時は・・・、『オマエの家のホセ君が変なんだよ!』とコッソリと教えてくださいm(__)m

Apistogramma sp. sanjose
♂は孵化を確認してから他の水槽に移動しました。

現在は寂しがる事もなく悠々自適な生活を送っているようです(笑)


さて、今回のネタがAFネタだろ?と疑っているそこのアナタ!

今回のネタは本当です!事実です!

STAP細胞 黄色い卵は存在します!』

AFネタは一昨年で卒業しましたから(^-^;

信じる、信じないはアナタ次第・・・。

・・・・・・。

いやいや本当ですって!

何だかオオカミ少年になった気分だわ(>_<)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2017年3月27日月曜日

では今週は私が(笑)『魅惑の・・・』

Apistogramma cf. hongsloi
A. cf. ホングスロイ

ロカリティはリオ・グアビアーレで入荷しています。

Apistogramma cf. hongsloi
実際のところは、『もしかしたらヘルケリー(helkeri)何じゃない?』と思って導入に踏み切りましたが・・・、どうなんでしょう(^-^;

Apistogramma cf. hongsloi
そもそもホングスロイとヘルケリーの違いって、背びれの先端が尖るか尖らないか位しか違いが分からないので何とも言えないんですが(笑)

Apistogramma cf. hongsloi
まだ小さな個体なので確かな事は言えませんが、現在の背びれの状況を見てみると今後尖って来そうな雰囲気です。

Rio Cuao, Colombia
ではヘルケリーの生息地は何処なのか。

記載論文では、コロンビアとベネズエラの国境を流れるオリノコ川の支流、シパポ川の上流クアオ川下流域に生息しているようです。

恐らくシパポ川にも生息していると思うし、その河口近辺のオリノコ川にも生息していると思いますが、コロンビア側の対岸にも居るのか?・・・。

いやいや、メンデジィの北岸・南岸の事もあるのでコロンビア側には居ないとは言い切れない。

取りあえず、どなたかクアオ川に採集に行ってもらえませんか?(笑) ←簡単に言うな!

Apistogramma cf. hongsloi
現状から見て背びれは今後尖って来そうなので、ここではヘルケリーではなく、cf. ホングスロイとしておきます。

私が感じていたホングスロイのイメージは、あの蛍光色に近いド派手な赤色を持ったアピストです。

あの強烈な赤色がどうしても受け入れられず今までホングスロイを敬遠してきたのですが、今回のホングスロイを見る限り今のところあの派手な赤色は尾びれの根元に出ているくらいなので少し安心しました(^-^;

ロートストリッチのように尻びれの根元に赤色は出ていないし。

まぁ今後どのように変化するかは分かりませんが(笑)

Apistogramma cf. hongsloi
やはり飼育してみないとその魚の良さは分かりませんね~

初めてホングスロイを飼育してみて、綺麗なアピストだな~と思いました(笑)

Apistogramma cf. hongsloi
♀もまだ小さいので、じっくり飼育してホングスロイの良さをもっと感じてみたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧





F1 Apistogramma viejita / Rio Guarrojo, Colombia
先日、クリアウォーター事件の被害者となってしまったヴィエジタ。

F1 Apistogramma viejita / Rio Guarrojo, Colombia
結局、♂2♀1だけが生き残りました。

1匹しか居なかった♀を何とか残せた事が不幸中の幸い。

F1 Apistogramma viejita / Rio Guarrojo, Colombia
同居魚が少なくなった事がトリガーになったのか、ペアリングしてしまいました(笑)

何とか次世代に繋げて、頭の形を修正したいと思います!

F1 Apistogramma viejita / Rio Guarrojo, Colombia
こちらはもう1匹の♂。

どちらかと言うとこちらの方がバランスが良いのですが、別水槽に移動させて大事な仕事を彼に任せる事にしました。

彼が期待に応えてキッチリと仕事を全うした際には改めて報告したいと思います(笑)


ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。
アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ