2016年11月30日水曜日

水槽部屋改

my fish room
アホですね・・・(>_<)

部屋の真ん中にソファでも置いて寛げる空間を作ればいいのに・・・。

円盤の管理に疲れていたわけじゃないんですよ・・・。

90cm水槽2本と120cm水草水槽の週一度の大量換水なんて全然苦になっていませんでした。

しかし、ある日ふと考えちゃったんですよねぇ~

もしこの換水作業が無くなったら、アピストにもっと時間を掛けられるな・・・。

何より、90cm水槽2本分のスペースが無くなったらAPAP台が2台置けるな・・・。

そんな事を考えてしまったら行動に移すまでにそう時間は掛かりませんでした(^-^;

my fish room
入口から。

ここからの眺めが一番好きです。

地震が来たらすぐ部屋の外に出られるし・・・(;・∀・)

my fish room
反対側から。

my fish room
奥から。

奥に見える除湿機は必須です(๑•̀ㅂ•́)و✧

my fish room
奥の反対側から。

広角レンズで撮ったから意外と広く見えるかもしれませんが、通路は60cmくらい。

気を遣いながら歩かないといけません(^-^;

ホントは部屋の両側にAPAP台を並べたかったのですが、そうすると水草レイアウト水槽の撮影が難しくなってしまうので仕方なく変則に置いてます。

community tank
ポッチャン水槽の感じも良くなってきました(๑•̀ㅂ•́)و✧

コリドラスの数匹が酸欠気味だったので、ナチュラルフローパイプを設置して水面を揺らし溶存酸素量を確保しました。

poison-dart frog cage
こちらはヤドクコーナー(^O^)

LED light
最近のLEDライトってスッゴク明るくなりましたよね!

水草がしっかり育つように明るくなってると思うのですが、魚が主体の水槽ならそれほど明るさは必要無いと思うんです。

だから我が家では、APAP台も含めてほとんどの水槽に写真のような乳半のアクリル板を噛ませて光を柔らかくしながら光量を抑えています。

余計な藻類の繁殖を抑えるのが目的です。

苔の繁殖は光を制御することによりある程度防ぐことが出来ます。

我が家では照明のON/OFFはタイマーで管理していて7時間点灯しています。

その他の時間は外光を一切遮断していますので真っ暗闇になります。

このメリハリが水草の育成にも魚の育成にも重要だと思います。

Aquarium tank lid
それから水槽を横に並べてる場合、真ん中の水槽だけ藻類が発生することがありませんか?

それは真ん中の水槽だけ左右からも光を受けるからです。

その場合は水槽と水槽の間に仕切りを入れたら緩和出来ます。

我が家では水槽に付属していた水槽マットを仕切りに使用しています。

水槽の蓋は、付属しているガラス蓋だと隙間が出来てしまうので、小さな水槽は全て自作のポリカーボネート板を使用しています。

前面を除いた三面に蓋受けを付けて密封したら、閉め忘れをしない限り飛び出し事故はまずありませんし、水の蒸発も防止できます。

African cichlid tanks
こちらはアフリカンコーナー。

何となく外部フィルターで管理してます(^-^;

Pelvicachromis subocellatus / Moanda
ペルヴィカクロミス・スボケラータス(モアンダ)

Pelvicachromis subocellatus / Moanda
最近は2~3回産卵していますが、いずれも翌日には綺麗サッパリ無くなってます。

そのお陰で♂は色飛びしないし、♀は常に婚姻色のまま(^O^)

こんな感じでずっと維持出来ればアフリカ人は良いかな・・・(^-^;

Pelvicachromis subocellatus / Moanda
稚魚はやっぱり選別していないのでここに来て成長が遅れ気味ですが、最近ようやく親に似てきました。

Pelvicachromis subocellatus / Moanda
こっちの小さいのは♀かな~

もう少し経ったらペアの選別をしようと思ってますが・・・、

既に空き水槽が1本ってどういうこと!?(>_<)


ここまで読んでくれた方はコメントの代わりに
ポチッとしてください。アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2016年11月25日金曜日

男の居場所

Apistogramma cf. cruzi
A. cf. クルジィ

Apistogramma cf. cruzi
突如として鬼嫁と化した♀に追われ、フィルターの後ろで哀れに棒立ち状態になっていたので別水槽に緊急避難させました。

♂の半分くらいの体長しかない小さな♀なんだけど、やっぱりクルジィ系の♀は大きさに関係なく強いのねぇ~(>_<)

Apistogramma cf. cruzi
でも、クルジィ系の♀の婚姻色はどの種も綺麗!

きっと背鰭にはこれからもっと色が出てくると思う。


Apistogramma viejita
こちらは先日も紹介したアピブリコン2016 第一席のヴィエジタ♀。

各ひれがボロッてますが・・・

Apistogramma viejita
予想通り、少しですが産卵したようです。

卵の状態は・・・(~_~メ)

Apistogramma viejita
♂はこのまま同居させておいて良いか、各ひれの状態等を確認するために少しだけ鏡を見せると・・・

Apistogramma viejita
・・・、問題無さそうだ(^-^;

しかしこの後、♀に『何やってんのよぉ!』と怒られてました(笑)


Apistogramma sp. middle curua
A. sp. ミドルクルアの♀。

Apistogramma sp. middle curua
この♀も最近になってようやく♂の攻撃に対応出来るようになったと思っていたら産んでました。

Apistogramma sp. middle curua
この種の婚姻色がどうなるのか非常に気になっていたのですが、結局♂と同様、顎の左右に小さな髭が出てくるようです。

あとは、背びれのエッジとお腹の下から尻びれまで黒くなるようです。

このような体色の変化はクルア川産アピストの特徴なのかもしれないですね~

Apistogramma sp. middle curua
こちらは♂。

物陰に隠れて奥様の様子をじっと窺っている図(笑)

Apistogramma sp. middle curua
先日まではこんなに自信に満ち溢れた表情をしていましたが、産卵後は意気消沈してしまった模様(^-^;

ただボロボロになるまで追われる事は無さそうなので、この種も♂同居のまま様子を見ることにします。


Apistogramma guttata
反対に産卵しようが、浮上しようが、周りに稚魚がわんさか居ようがお構いなし、いつもペア仲が良いグッタータ。

同じアピストで、この差って何なんでしょう。

これは個体差というレベルではなく、間違いなく種の違いによるものだと思います。

種により育ってきた環境の違いが遺伝子に組み込まれているんでしょうか・・・。


ところで今日は金曜日。

毎週恒例のジョナサンズの日ですが、外は寒いし、少し風邪気味なので欠席するつもりで家に居ると・・・、

『今日はヲタクの集まりに行かないの?』と妻の声。

行かない事を伝えると、明らかに不機嫌な声で

『じゃあ夕飯の用意しないとね・・・』

((((;゚Д゚))))ガクブル

ちなみに、ウチの奥さんは私を含めアピストとかアクアにどっぷりと浸かっている人をヲタクだと思っています(^-^;

アクア歴何十年の人の話なんてすると、『キモッ!』って返ってきます(;・∀・)

これは女性の個体差レベルか・・・?(>_<)

本人は半分冗談で言ってるんですがね(^-^;

しかし・・・

『二連覇したチャンプF田さんもアピスト飼育してるんだよ!』

と話すと、

あの人はヲタクじゃなくてクリエイターだから良いんだと・・・。

\(゚ロ゚ ) なんでやねん!


ここまで読んでくれた方はコメントの代わりに
ポチッとしてください。アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2016年11月24日木曜日

♪ I have a pen~

Apistogramma ortegai(pebas x papagei)
A. オルテガイ(sp. ペバス) ♂ と

A. オルテガイ(sp. パパゲイ) ♀ を

―∈)゚3゚(∋― アゥーン!っとして出来たA. オルテガイ(ペバゲイ)。

Apistogramma ortegai(pebas x papagei)
最近になってそれぞれの特徴がミックスされた個体が出てきました。

Apistogramma ortegai(pebas x papagei)
青色の色味はパパゲイよりもペバス寄り。

そこにパパゲイの赤色が頬とボディに今後どの程度出てくるのか。

ド派手な赤色よりも少し控えめな赤色の方が好みなので、ラテラルバンドの上に薄っすらと赤色が出て、下側には黄色が出てくると面白いかなぁ~と思っています。

Apistogramma ortegai(pebas x papagei)
これは♀かなぁ~

小さな水槽で選別もせずにゴチャっと飼育しているので成長が遅いのですが、そろそろ選別作業をして数ペアに絞っていきたいと思ってます。

ただ・・・、この辺りの種は飼育環境によるところもあると思いますが、成長と共に体色がどんどん変化していくので成魚になった時の姿を予測しにくいという難点があります。

まずは半分くらいに選別して、少し大きな水槽に移し、それから少し成長してから本格的に選別作業をしてみたいと思います。





Apistogramma lineata
A. リネアタ

Apistogramma lineata
調子自体は悪く無さそうなんだけど・・・

Apistogramma lineata
―∈)゚3゚(∋― アゥーン!っとなりません(>_<)

Apistogramma lineata
♀もそろそろ良さそうな感じなんだけどな・・・

Apistogramma lineata
基本的に我が家はほとんど換水はしないので、pHが気付くと4を切っていることがよくあります。

かと言って、この♀の体色を見ちゃうとあまり水を触りたくないし・・・。

でも、産卵したとしてもこのpHだと稚魚が残らないよなぁ~

スポンジ握っちゃおうかなぁ~

・・・・・・。

もう少し悩んでみます(笑)


ここまで読んでくれた方はコメントの代わりに
ポチッとしてください。アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


2016年11月21日月曜日

アピブリコン2016の奇(軌)跡

マジか!怒涛の三連投(๑•̀ㅂ•́)و✧

F1 Apistogramma viejita
第一席(๑•̀ㅂ•́)و✧ A. ヴィエジタ / プエルトガイタンのF1

プレートを貰ったらその時に、と思っていましたが、貰えるのはまだまだ先になりそうなのでこの辺で一区切り。

F1 Apistogramma viejita
無事に我が家に帰って参りました。

帰還した時はすっかり色が飛んでしまっていましたが、今は何とか元通りになりつつあります。

F1 Apistogramma viejita
♀も復調して♂のアタリに上手く対処出来るようになってきたので近いうちに産卵に漕ぎ着けられるかもしれません。

今回のアピブリコン出展までの経緯を簡単に纏めてみました。

F1 Apistogramma viejita
↑ 昨年の秋に色揚げ実験をしていた時の様子です(この個体は出展魚とは違うかも)。

60cm水槽で稚魚をゴチャっと飼育していた時で、体長は3cm程度だったと思います。

F1 Apistogramma viejita
↑ 今年の6月頃、色揚げ実験を切り上げ、撮影が終了した水草レイアウト水槽にポッチャンした頃です。

この時点での体長は5cmくらいだったはず。

綺麗に色が揚がった3匹の♂をポッチャンしたのですが、今思えば1匹だけにしておけば良かったな、と思ってます。

F1 Apistogramma viejita
↑ 7月に入ってからの様子。

尻びれの付け根まで赤色が入ってる・・・(>_<)

どんどん大きくなっていきますが、体長や鰭はあまり伸びずに横に大きくなっていった感じ(^-^;

それと広い水草水槽にポッチャンした関係で、この頃から3匹の優劣が決定していきます。

一番体形が良かった個体がナンバー2になり、少し頭の形が悪い個体がナンバー1となってしまい大誤算。

この時点でナンバー1とナンバー3を抜けば良かったんだけど、アピブリコン開催するか分からなかったし、水草の間に逃げ込んで捕まえるのは無理だったと思う。

F1 Apistogramma viejita
↑ 8月頃の様子。

体形が太く、体色が不自然だったので、色揚げ飼料を止め、水流を強くして各ひれを伸ばそうと努力していた頃です。

その甲斐あってか、ヒレが伸び、ワイルドっぽく急速に成長していきました。

体長はこの時点で6cmを超えるくらいでした。

しかし頭の形はこの時点でも少し変ですね(^-^;

その後はデブにならない程度に、色々な餌を頭の形が良くなるように祈りながら与えてデカくしていきました。

出展日までにある程度は補正出来たかもしれませんが、あの時に頭の形が良い個体だけを水草水槽にポッチャンしておけば・・・、と後悔しました(^-^;


F1 Apistogramma ortegai(sp. pebas)
続いて、第三席(๑•̀ㅂ•́)و✧ A. オルテガイ(sp. ペバス)のF1

F1 Apistogramma ortegai(sp. pebas)
最近産卵したようで現在は鬼嫁にヒレをボロボロにされてるので、少し前に撮った写真です。

体長は5cmを少し超えたくらいで大きさ的に厳しいかな~と思いましたが、良い出来だったので出展してみました。

F1 Apistogramma ortegai(sp. pebas)
↑ 今年の1月くらいの写真です。

三腹目の仔でしたが、体長が2cmくらいなのにスゴイ将来性を感じて大事に飼育していました。

F1 Apistogramma ortegai(sp. pebas)
↑ 3月頃の様子。

体長4cm弱くらいでしたが色褪せることなく体形も問題が無かったので、この後からVIP飼育に切り替えました。

♀は二腹目から何とか探し出してこちらもVIP飼育(^-^;

出展1ヶ月前にペアリングして、既に一腹採っているので安心♪


と、今回のアピブリコンを振り返ってみました。

来年のアピブリコンに向けて、アピストのブリード法や意気込みについては別途主催者側からお話しがあると思いますので、私は少し裏テクニック的な話を・・・。

一番大事なのは、審査基準をどうクリアしていくかです。

コンテストなので当然審査基準があります。ただし当コンテストの審査基準は一人の審査員の頭の中にあるのでそれをどう見極めていくかが鍵となります。

ただ審査基準を一言で言ってしまえば、ワイルドの個体に近いかどうか、という事に尽きる思います。
  1. 出展魚の選択

    まずは出展魚の選択ですが、審査員は日々ワイルド個体を見ているので頻繁に入荷してくるアガシジィ、ビタエニアータなどは相当良い個体を作らない限り決勝に進むのは難しいと思います。

    逆に言うと、審査員が趣味の時代からあまり触っていない種類。または繁殖が難しいと話してる種類が良いと思います。

    2年前のアピブリコンで第二席を頂きましたが、その時の出展魚はsp.タメでした。その当時審査員はタメの実物を見ていなかったようだったので良い成績を頂けたのだと思っています。

    それと、よくNEWSでクルジィ系とか、イニリダエ、メンデジィ、パウキ等の繁殖は難しいとか気を遣うとか書いてますよね?

    あえてこれに挑戦してクリアする事によりお疲れ様加点(笑)が貰えると思います。

    あとは、審査員と馴染み深いエリザべ、ミウア、ロートなどの細身系は相当苦労して良い個体を作らないと厳しいという感じを受けています。

    逆に言うと、細身系で初めて第一席を獲得すれば真のチャンピオンと言われると思います(^O^)

  2. 第一印象

    レイコンでもそうですが、最初にそれを見た時の印象が重要です。

    百戦錬磨の審査員はビニール袋に入って歪んで見えるアピストも一瞬にしてその良し悪しを判断する事が可能です(笑)

    ビニール袋を見た瞬間にある程度の順位が決まっていると言っても過言ではありません。

    なので、初見でどれだけのインパクトを与えられるか。

    個体の大きさがここでは重要になります。

  3. 体色よりもスタイル

    アピストのカラフルな体色はとても魅力ですが、このアピブリコン、と言うか審査員はあまりそれを重要視していません。

    体形、体の厚み、各鰭の伸び、水槽内での仕草、等を見てその個体が育ってきた環境を想像出来る得意技を持っています。

    逆に色を揚げ過ぎてワイルド個体の体色とかけ離れていると減点になってしまいます。

    ただし競争相手と競合した場合、体色によりどちらがワイルドに近いかという判断になるので体色が重要では無いとは限りません。

    特に赤色を持っているアピストは、赤色素胞を持っていても色素が蓄積されていなかったり、環境が整っていない場合は赤色が発色しないので、その場合は減点される場合があると思います。

  4. ♀の大きさ

    雌雄の体格差が大きい場合、ペアリングしていれば問題ありません。

    ただし上記と同様、競争相手と同レベルの場合は雌雄の体格差により得点に差が出てしまうので体格差が小さいに越したことはないです。

  5. ナンバー1個体

    上位を狙う場合は必ず同水槽内のナンバー1個体を出展しましょう。

    審査員は水槽内での仕草を見るだけでその個体が育ってきた環境を想像出来ると先ほど書きましたが、同時に育ってきた優劣の関係も即座に判断出来る並外れた能力を持っています。

    私は去年のアピブリコンで、ナンバー2個体を持っていったら『〇〇さん、これナンバー1個体じゃないでしょ!?』と一瞬で見破られました(>_<)

  6. ブライン焼け

    私もそうですが、アピストの餌にブラインシュリンプを与えている方は多いと思います。

    理由は、濾過バクテリアへの影響が少なく、アピストの成長が穏やかになる為です。

    早く大きくさせようと人工飼料だけを与えていると体形が歪になり、ワイルドとはほど遠い体形に育ってしまう可能性があります。

    穏やかな成長というのが鍵で、ブラインシュリンプを主食とし、人工飼料やイトメなどをおかずという位置付けにすると良いと思います。

    ただしブラインにも色揚げ効果があり、体色にブラインの黄色が出てしまう種類が居ます。

    その場合は、出展の1ヶ月くらい前から水草水槽に移動させ、ブラインの給餌を少なくして調整する事によりそれを回避する事が出来るので、ブライン焼けに関してあまり気にする事は無いと思います。
と、色々御託を並べてみました(^-^;

まぁ、今年の第一席を獲得したので許してくださいm(__)m


F1 Apistogramma viejita / Rio Guarrojo
A. ヴィエジタ / Rio Guarrojo(グアロホ) F1

来年のアピブリコンの候補です(๑•̀ㅂ•́)و✧

F1 Apistogramma viejita / Rio Guarrojo
現在色揚げ作業中です(笑)

最終的にはプエルトガイタンと同じになるかな~、と思っていますが、やはり各ひれの伸びがガイタンとは違います。

まだ4cm程度ですが、同じ頃のガイタンと比べて違うし、背びれの赤も少し明るい気が・・・。

課題は、頭の形をこれからどう修正していくか・・・です(^-^;

F1 Apistogramma viejita / Rio Guarrojo
何とか♀が1匹だけ出ました!

来年まで大事に維持していきたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧


ここまで読んでくれた方はコメントの代わりに
ポチッとしてください。アドケプターに変身します!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ