2013年11月26日火曜日

ドボン水槽改めセカンドライフ水槽

選別に漏れてしまった稚魚やヤモメになってしまったアピストを投入したり、子育て中のメスから一時避難するための通称ドボン水槽が我が家にもあります。

セカンドライフ水槽
90cmスリム水槽。

後ろ半分をソイルにして水草を育てていましたが、どうも中途半端な感じがしていたので底床を以前から使っている溶岩砂のみにして、ミクロソリウム水槽に変更してしまいました。

まだ稚魚の選別をしきれずにいるのでこの水槽にドボンした稚魚はまだ居ませんが、そろそろ心を鬼にして選別していかねばなりません。

現在は主にディクロッススと他の水槽から引っ越してきたコリドラスが暮らしています。

ディクロッスス

ディクロッスス・フォイルニ

チェッカーボードシクリッド
マクラータス、フォイルニ、フィラメントーサス。


コリドラス・パラレルス

コリドラス・レセックス
アドケタ水槽に居たコリドラスもようやく安心してモフモフできる水槽に引っ越してきました(笑)


タエニアカラ・カンディディ
こちらはカンディディ・ジャタプー。

最終的に1番強いオスの1号が生き残り、メスは稚魚を残して☆になってしまいました。

現在は、鬼嫁から一時避難中のパヤミノニスとビタエニアータに出会った際に挨拶程度のフィンスプをするくらいになり、痛々しかったヒレも全て回復したようです。

底面積を広くとり多少入り組んだレイアウトにしたので、来週からは大きくなった稚魚の選別作業に入りたいと思っています。

しかし私が選別するので、もし選別から漏れても復活は十分に考えられます。

そんな訳でこの水槽をセカンドライフ水槽と名付けることにしました!


水槽の写真を引きで撮ったので、ついでに他の水槽の写真も。

水槽たち1

APAP水槽台
APAP水槽も立ち上げから3ヶ月を経過しようとしています。

そろそろ水質も安定しつつあるようなので、来週くらいから底床をソイルから砂底に変更します。これでソイルの水槽は90P水草レイアウト水槽1本のみになります(*^-^*)

小型外部濾過水槽
こちらはパヤミノニス1号とビタエニタータの通常pH水槽。

本棚水槽
こちらは本棚水槽台(笑)

主に稚魚育成用水槽として使用しています。





今月初め、パヤミノニス2号が初めて産卵しましたが、孵化してから2日目に全てメスが食ってしまいました(*_*;

孵化してから全滅といったケースは初めてだったのでちょっとビックリしてしまいましたが、何となくpHを測ってみたら4.2でした(+。+)スッパ!

2号の産卵は半分諦めていたのでpHを長らくチェックしていなかったのです。

ならばと、少しずつ換水をして6台まで復活した昨日、産卵してくれました\(^O^)/

パヤミノニス2号
前回と同じくらいの50個くらいでしょうか。

今回は無事浮上まで行ってくれることを祈ります。



↓ ポチッとしていただきありがとうございます!


2013年11月20日水曜日

オマエッ!女だったのか!?

アドケタの当て馬にトーマシーを4尾同居させていますが、その内の2尾がペアになってしまい何を血迷ったか一週間ほど前に水槽の奥で産卵してしまいました。

まぁそのうち消えるだろうと想像していましたが、日に日にトーマシーのパワーが増して、何とアドケタのメスがトーマシーに追われるようになりました(◎o◎)

そして今日水槽を覗くと、アドケタのオスとトーマシーのペアが睨み合っているではないですか!

トーマシー2尾といっても流石に相手はアドケタのオスだから大丈夫・・・・

と思っていると、何と何とアドケタが後退り・・・・・・Orz


『スゲェ~トーマシー強えぇ~(^O^)』


なんて言っている場合ではありません!


堪らず流木を水槽の外に出し水槽の奥を見るとおびただしい数の稚魚がチョロチョロと泳いでいました。

トーマシーには悪いが早速エアチューブで全ての稚魚を吸い出しました。


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
『ふぅ~(*´з`) どうなるかと思ったぜっ!』
『しっかし、あのトーマシーのペアの迫力凄かったな~』
『まぁでもまたこれでワシの天下や。ふふっ』
『ほんじゃぁ見廻りでもしてくっかな』


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
『ん????』
『今キレイなネエチャンが横を通り過ぎたよなぁ。気のせいか?』


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
『ねぇねぇねぇ~ちょっとぉ~(^.^) お茶でもしない~?』


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
『ん?あれ??』
『君、この水槽に前からずっと居たよね?』
『エェェーーーーー!オマエ、女だったのぉ~~』


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
先週(11日)のメス。


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
トーマシーのパワーが衰えた後のメス。


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ

イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
顎下も黒くなってる!

3cm程度のアドケタの幼魚を見て雌雄判別なんて私には出来るはずもありませんが、こうなってくれたら私にも判ります(笑)

写真には表現できませんでしたが、梨乃のパパさんが言うとおり隈取や体のブルメタにグリーンが入ってエメラルドのような色と体色との対比が綺麗です!

まだ黒い体色の面積が少ない感じですが、一時期引っ込んでしまった卵管も心なしか出てきたような気がします。

先週音羽でアドケタについて話を聞きましたが、アドケタというのは基本的にアホで、周りに居る魚は全て敵だと認識するようです。

ところがふとしたキッカケで相手が女だと判るとコロッと態度が急変するようなのです。

我が家の場合は、トーマシーの稚魚を抜くことがトリガーになったようです。

今回のメスの豹変ぶりにはビックリしましたが、これが一過性のモノでなければ良いのですが。。

明日また水槽を覗くのが楽しみです!

とは言ってもこのメスの体色とオスと仲睦まじい姿を長く見ていたいから、すぐに産んでもらいたくはないな。

飼育者というのは我がままなものです(笑)

しかし、アドケタがトーマシーにビビッてたなんて・・・。我が家のアドケタ大丈夫か(^。^;)



↓ ポチッとしていただきありがとうございます!


2013年11月11日月曜日

最高の『お・も・て・な・し』のはずなんだけど・・・

今年の8月、今シーズン最初のマナウス便で我が家にお迎えしたイヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ。

イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ

イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ

イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
3ヶ月が経ち、少しずつですが成長しています。

導入当初はまだ幼く、後頭部から口にかけて直線的なラインだったのが、最近はオデコが丸みを帯びてようやくアドケタらしい顔つきになってきた気がします。


イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
コリドラス・レセックスとも未だに同居中です(^_^;

以前はコリドラスよりも小さかったアドケタですが、最近はコリドラスよりも大きくなりました!

普段は大人しくじ~っとしているコリドラスですが、食事タイムはアドケタ君の存在など全く無視して餌を探しまくります。

自分の目の前をウロチョロするので目障りなのでしょう、アドケタ君が目をギラギラさせて頭でツンツンと突っついても動揺することなく、餌を探し求めて我が道を突き進むコリドラスなのです(笑)


メスの方は・・・。
イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ

イヴァナカラ・アドケタ トゥッカーノ
オスよりも一回り小さいですが、ふっくらしてメスらしい体形になってきました。

ウアウペスから遠路はるばる我が家に来てくれたので、我が家で一番古くて安定した60cm水槽にお迎えして最上級のVIP待遇でおもてなししているつもりなのですが・・・う、産みません(^-^;

1ヶ月ほど前、メスが少し自信を付けたのか今のオスと同じくらいの体色になり卵管がちょっとだけ出たのですが、最近はまた導入当初と同じように体色が薄れ卵管も引っ込んでしまいました。

メスに再度自信を取り戻させるためにオスを別水槽に4日ほど移したりしていますが、オスが帰ってくるとまた自信喪失になってしまいます。

ヒレボロにされるようなことは今まで無いのでその辺は安心して同居させているのですが、仲良くさせるために何か良い方法は無いものか・・・。

ちなみに現在の同居魚はコリドラス3匹、トーマシー4匹。

餌はブラインシュリンプがメインですが、時々缶詰に入った乾燥川エビや、他水槽でたまたま日干しになっていたミナミヌマエビを与えたりしています。

まだ幼いペアでこれからまだまだ長生きするアドケタなので時間が解決してくれるとは思っていますが、出来ればメスにもっと自信を持ってもらい、アドケタのメス独特の綺麗な体色を自分のこの目で見てみたいと切に願う今日この頃なのです。



↓ ポチッとしていただきありがとうございます!


2013年11月8日金曜日

CO2の水中滞在時間を延ばしたい・・・

タイトルのとおり今日はアピネタではありません。


90cm水草レイアウト水槽。

90cm水草レイアウト水槽
前回の登場から水草が少し生長しました。

しかし大きな変更点が一つ・・・。

エーハイム ナチュラルフローパイプ
左側排水口にこんな物を取り付けました。

エーハイム ナチュラルフローパイプ
エーハイム ナチュラルフローパイプ。

実はコレ・・・、当たっちゃいました!

先月、エーハイムジャパンのHPでモニター募集の広告があり応募してみたところ、またまた当たっちゃいました(^O^)/

前回は壁掛け時計が2つも当たり、そして今回も!

やはり俺は相当な強運の持ち主なのだ!( `ー´)ドヤ


エーハイム ナチュラルフローパイプ
早速取り付けました。

まずは上向きにセットしてみました。リリィパイプやポピーグラスを使った事が無いので比較は出来ませんが、水の流れを柔らかくする効果が見てとれます。

この製品の良いところは、水が流れる方向を自由自在に変更できること。
コネクターと排水部を回せば好きな方向に水を流すことができます。


エーハイム ナチュラルフローパイプ
下向きにセットしたところ。

実はこの水槽をリセットする際に、エーハイムからナチュラルフローパイプが発売される事を知っていました。

幸いなことにHPでモニターの募集をしていたので、早速応募して製品は購入せずにモニター当選を祈っていたのです。

で、下向きに変えてどうするかというと、これを使ってCO2を効率的に水槽内に溶解させようと考えたのです。

この水槽にはプロ3e2078と2213の2つのフィルターがセットされています。

左側の2213には濾材をほとんど入れず、CO2ミキサーの役割として使用しています。
(アピストを始めてから外部フィルターが余ってしまったので有効利用しようと考えました。)

そのフィルターから排出されたCO2を、ナチュラルフローパイプを使って水槽内でより長く滞在させて溶解率を高めようというのが目的です。


エーハイム ナチュラルフローパイプ
効果を目で確認するためにいつもよりCO2を多めに添加してみました。

小さなCO2の泡がゆったりと下に向かって広範囲に拡散し、水槽全体を万遍なくCO2の泡が流れていくのが確認できました。


90cm水草レイアウト水槽

90cm水草レイアウト水槽

90cm水草レイアウト水槽
水草にも酸素の綺麗な気泡が付き始めました。

CO2添加効率が以前より上がったかどうかはまだ確認できていませんが、何となく上向いたような気がしてます。

ということで実験成功!\(^O^)/


90cm水草レイアウト水槽

90cm水草レイアウト水槽
ラミーノーズ、ハチェットも元気です!


90cm水草レイアウト水槽

90cm水草レイアウト水槽

90cm水草レイアウト水槽
この水槽の苔取り部隊です。

今回初めてトゲナシヌマエビなるエビを導入してみましたが、これ使えます!

ヤマトほどデカくなくミナミ位の大きさで、ヤマト並のコケ取り能力を持っています。しかも水質の変化にも強く丈夫なエビです。
ただ脱走能力もヤマト並ですけど・・・(笑)


あっここでお断りしておかなければ・・・

前回の壁掛け時計当選に続き、今回のモニター当選と幸運が続きましたが、決して私はエーハイムの回し者ではございません(^_^;

今回はモニターということなので、しっかり使い勝手や感想をレポートする予定です。

壁掛け時計の時は2口応募して2個当選しましたが、今回はモニター募集だったので1口のみ応募しました。
2口応募したら2モニターになったのかな・・・。



↓ ポチッとしていただきありがとうございます!



2013年11月6日水曜日

Ap.ギビケプス Ilha De Padore

Ap.ギビケプス Ilha De Padore
9月の初めにメスを☆にして以来、イクメンに変身して母に成り替わり育仔に精を出しているギビケプス パドレのオス。


Ap.ギビケプス Ilha De Padore

Ap.ギビケプス Ilha De Padore
パパの厳しい躾の甲斐あって稚魚たちはすくすくと元気に育ち節目の3ヶ月を迎えました。

同居しているペンシルたちを稚魚には寄せ付けず、ギビケプスの象徴であるギビバンドを封印して懸命に我が仔を守り抜いた汗と涙の結晶です。

そんな涙ぐましい努力を重ねてきたギビくんに何かご褒美は無いかと考えました。

実は音羽の店に行く度に気になっていた水槽。

5月に同便で来た同じギビの水槽です。

先日お店に行った際、残り4尾となった水槽を確認した後、店主に思い切って聞いてみました。

『このギビのパドレはペア売りですかぁ~』

『あぁいいよ~単品で~』

~~\(^O^)/~~


Ap.ギビケプス Ilha De Padore
はい。連れて来ました~♪

『おぉ~コレ卵が入ってるからすぐに産んじゃうよ~』と店主のお言葉。

オスに比べるとやや小さめですが、その言葉どおりふっくらとして既に準備OKのご様子。


Ap.ギビケプス Ilha De Padore

Ap.ギビケプス Ilha De Padore
メスの体調を1日整えてから、本日オスとご対面!

おぉぉぉ、今までず~っと封印していたギビバンドがMAX!!


Ap.ギビケプス Ilha De Padore
それと同時に何かから解き放たれたようにメスに向かって猛突進!!!


Ap.ギビケプス Ilha De Padore
メスもお尻フリフリして応戦します!

子育てに最近お疲れ気味だったギビくんに最高のご褒美を送る事が出来た気がします。


『あっそうそう。ギビくん、即日の産卵はダメだよ!今まで上手くいってないから。

3日くらい今回のご褒美をじっくりと楽しんでからやる事やってくれよ~』


『産んじゃったら君は稚魚水槽でまたイクメンになるんだから!』

というのはギビくんには内緒です(*^。^*)



↓ ポチッとしていただきありがとうございます!